看護師を人材派遣で探す時の注意点

看護師の業界は他の職業と比較して離職率や転職率が高いというのは広く知られていることで、現職で働いておられる方であればそのあたりの事情はよくご承知の事かと思います。

転職をする際には正規雇用だけでなく非正規雇用として人材派遣の職に就くということもまた選択肢のうちに入るといえますが、仕事を探す時にはなにか注意点などはあるのでしょうか。

そもそも人材派遣のメリットとして挙げられるのは、正社員とは大きく異なり雇用体系や条件などが緩やかであるという点で、とりわけ激務が続く看護師の方にとっては負担が小さく働きやすいということが何より魅力的だといえます。

ただ人材派遣は非正規ゆえに社会保険や福利厚生まどの対象から外れてしまうなど待遇面でのデメリットがある場合もあり、正規雇用と大きく差が付くことになりますのでこうしたところは看護師の職を探す時の注意点として挙げられます。

また人材派遣会社を通じて仕事を行いますので、本来支払われる給料の中から派遣会社の取り分が抜かれてしまう中間マージンが発生する事になります。

派遣を選択したという時点で中間マージンが発生することは仕方が無いと見る向きもあるのですが、中にはそのあたりの仕組みを知らずに派遣を選択してしまう場合もあります。

入職してからそのあたりの事情に気が付いたのでは遅く、どのような雇用体系で働く事になるかよく理解しておく事も派遣で仕事を探す時の注意点であるといえます。