人材派遣の求人の仕組み

人材派遣は以前より職探しの際には一つの選択肢として選ぶ方も多いのですが、詳細な求人の仕組みについてはよく分らないという方も多いかと思います。

求人広告を見てもご自身を含めどのような関係性で働くのか明確に説明されない場合がほとんどなので、ご自身の立ち位置など非常に判りにくいままに応募してしまうケースも多いのですが、あらかじめどの様に理解すればよいのでしょうか。

まず人材派遣として働く場合は派遣会社に登録を行い、いくつか仕事の紹介を受ける中で実際に働く派遣先の職場を決めて入職します。

入職後は正規雇用と同様に働く事になりますので、雇用に関わる関係性がどうあるのか分りにくいのですが、ご自身が雇用契約を結ぶのはあくまで派遣会社であり、実際に働く派遣先の職場からは指示を受けて労働を提供するだけの関係となります。

一方で派遣会社と派遣先の職場との関係についてですが、派遣会社は派遣契約を結んで派遣先に人材を送り、派遣料という形で得られたお金の一部を中間マージンとして抜いた後に、派遣社員のもとに給料として支給されることになるのです。

つまり派遣会社・派遣社員・派遣先の職場の3者は三角形のピラミッド型の関係にあり、労働者派遣法により細かな規定がされているのですが、こうした求人の仕組みは正社員ともアルバイトとも大きく変わってくる点だといえます。

こうした人材派遣の仕組みの中ではメリットもあればデメリットもありますので、よく理解しておきましょう。

関連サイト
http://opnurse-kyujin.com/